手づくりハーブバターとスモークサーモンのカナッペ

ハーブバターをスモークサーモンとあわせてカナッペにしました。

このハーブバターは先日、バター製造機”フレール”をお貸ししていた「珈琲山荘Nodus様」から送っていただいたものです。


ハーブバターはとてもハーブのいいかおりで、スモークサーモンと相性ぴったりでした!

バターも発酵バターを使用しているとのことで、脂っぽさがまったくなくいくらでも食べれそうです。



原料の生クリームにもこだわってつくられているとのことで、バターの色が真っ白でハーブバターがより美味しそうにみえます。(写真はあまり上手にとれてませんが・・・)

牛が食べる餌によって生乳の色に違いがでるらしいです。


自家製バターは原料にこだわってバターを製造したいお客様におすすめです。

自家製バター製造機”フレール”は、貸し出しも可能ですので、原料の違うバターの試作にぜひご利用ください。


ちなみに、カナッペはフランス語で、フランス料理のオードブルとして用いられる料理で、薄切りのパンに魚介や肉類、チーズなどを盛り付けたものらしいです。

イタリア料理では ”クロスティーニ” とか ”ブルスケッタ” とかがよく似た料理であるらしいですが、バターといえばフランスということで、カナッペにしました。

イタリア料理なら、バターじゃなくてオリーブオイルですよね。


カナッペによく似た料理で ”タルティーヌ” がありますが、それはパンの上にいろんなものをのせたオープンサンドのことらしく、おつまみやランチとして用いられるそうです。

盛り付けがいまいちなので、オードブルというよりはおつまみなので”タルティーヌ”のほうが正解かもしれません。


原料にこだわった手づくりのハーブバターなら、バゲットにハーブバターだけで充分おいしい料理です。


自家製バター製造機 frere

生クリームからフレッシュバターがつくれます。 コンパクトサイズで少量のバターを製造するには最適です。